作業服販売店の対応と通販サイトの対応の違い

作業服をどこで買うかはそれぞれの自由ですが、昔のように作業服販売店でだけ購入するというのはなくなってきています。

もちろん、専門店での購入は、店舗スタッフが豊富な知識を持っているため、わからないことがあればすぐに質問できますし、何しろ手にして見ながら購入できるというのは安心できます。

店舗で購入というと量販店も購入者が多く、価格も安いという印象があるでしょう。定員に話しかけられることも専門店に比べれば少ないため、どの作業着にすればいいか悩んでいる人にとっては、自分でじっくりと考えて購入することができます。

一方、インターネットでの購入者が最近は非常に多く、店舗での購入数をもはや抜いている状況です。今はパソコンはもちろん、スマートフォンで通販サイトから購入する人も多く、思いついたときに即座に購入することができるのが強みです。在庫数も表示されているため、数が間に合うかどうかも一目瞭然で、価格も安くお勧めです。

お店ごとにポイントシステムを導入していることもあれば、ショッピングモールごとにポイントがあり、時期によっては何倍のポイントが付与されるので、そのタイミングで作業着を購入して、次回買うときに安くすることもできます。

また、通販サイトの場合はマイページなどがあり、前回購入したものがすぐわかり、そこから直接ページに飛べるため、同じアイテムを購入して、刺繍も同じように入れる注文も簡単にすることができます。何度も同じ作業着を企業の場合、圧倒的に通販サイトを利用したほうが効率がよく、本業に時間を割くことができます。

中でもおすすめはDKストアで、大川被服の商品を主に取り扱っています。ダイリキ(DAIRIKI)やKansai(カンサイユニフォーム)、SKプロダクトのつなぎアイテムなどもあり、写真が多く、選びやすいサイトです。どのメーカーの作業着にするか迷っている方は一度アクセスしてみてはどうでしょうか。

 

 

続きを読む

作業服メーカーごとの違い

作業服メーカーによって、デザインや素材、機能面、価格、コンセプトなどすべて異なります。もちろん各目メーカーはライバルのことを考えつつ次のシーズンのアイテムを製造するのですが、似ているものもある一方で、オリジナリティは出されています。例えば、ライバルメーカーがデニム素材のブルゾンをリリースしてヒット商品になったとすれば、当然デニム素材の似たようなものを作ろうと考えますが、胸ポケットにオリジナルの赤のラインを入れてみたり、ポケットの位置を変えるなど、工夫をしてリリースします。

そのメーカーやブランドの個性が好きで採用している企業もあれば、機能面でそのブランドでしか採用されていないものがあれば、その作業着を継続して採用することになります。

通販で購入する場合、各商品の項目に機能面や素材についての記載がありますので、その辺を気にしながら購入するのがいいでしょう。

続きを読む