作業服メーカーごとの違い

作業服メーカーによって、デザインや素材、機能面、価格、コンセプトなどすべて異なります。もちろん各目メーカーはライバルのことを考えつつ次のシーズンのアイテムを製造するのですが、似ているものもある一方で、オリジナリティは出されています。例えば、ライバルメーカーがデニム素材のブルゾンをリリースしてヒット商品になったとすれば、当然デニム素材の似たようなものを作ろうと考えますが、胸ポケットにオリジナルの赤のラインを入れてみたり、ポケットの位置を変えるなど、工夫をしてリリースします。

そのメーカーやブランドの個性が好きで採用している企業もあれば、機能面でそのブランドでしか採用されていないものがあれば、その作業着を継続して採用することになります。

通販で購入する場合、各商品の項目に機能面や素材についての記載がありますので、その辺を気にしながら購入するのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です