作業服のカラー(色)について

作業服やユニフォームの色って大事です。洋服と一緒で、着ている人の印象を変えることももちろんですが、見ている人の心理状況も変化させます。

例えば車に乗っていて、警官が街をうろうろしているのを見かけた時、何も違反していないのに気持ちが引き締まってしまいます。同じ色のユニフォームの警備員を見かけた時も同じ反応してしまいます。しかし、警備員かとわかると、気が一気に緩むのも、これも色が関係している証拠です。

視認性の向上
また道路工事をしている人の作業服も色が関係してきます。視認性がよく、明らかに工事をしている作業員と分からせなければ事故を起こしてしまい非常に危険です。

このように作業服の色っていうのは周りの人々への影響が大きくて、それぞれ役割を考えられた作りになっているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です