作業服の素材について

綿は燃えにくい特徴があるため、火を扱う現場の作業には昔から多く綿の入った作業着が使われています。

難燃素材
また、一般の被服製品には綿は多く使われています。
ハンドタオルやバスタオルなどでは吸水性が必要とされます。肌着やTシャツ、靴下などは、着心地や肌に触れた時の感触が大事ですし、汗を常にかくので吸湿性も必要です。
また冬場は寒さに対して保温性も求められます。

他に多く作業服に採用されている素材はポリエステルで、洗っても縮まなく、伸縮性があり、速乾性に優れます。また価格が比較的安いのも大事なポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です