作業服の着かたによって人の価値が変わる

作業服をだらしなく着ている人を見ると、この人仕事できないんだろうなぁと思ってしまいます。その人の仕事ぶりを見たわけでもないので本当かどうかわかりませんが、見た目がそういった雰囲気を醸し出してる事は間違いありません。少なくともその人の価値を10%から20%程度下げていると言えそうです。

それってつまり取引先の人にもそのように見えてしまっている可能性があるということです。勤めている先の会社の作業着を着ているという事は、その会社の名前を背負っている事になります。
その会社の上層部は、作業着をだらしなく着て欲しいなんて思っているはずはありません。きちんと洗濯された状態で着て、仕事をしてほしいと思っているはずです。しかし実際は、現場の人たちはそんなことお構いなしになっているのが現状のようです。(もちろん中にはしっかりとした着こなしをしている方々もいらっしゃいますので一概には言えませんが)
仕事をする人たちは、常に周りから見られているということを忘れないで、作業着を着てほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です